FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



今日は何の日?

2013年3月12日(火)杉並区立高井戸第三小学校にて


2年前の今日3月12日は、福島第一原子力発電所1号機で最初の

爆発が起きた日です。期せずして今日、高井戸第三小学校で、

「発電の仕組みと原発事故」の出前授業をすることになりました。

私が2年前の2月に初めての出前授業を行ったのが、

この学校でした。この時の子どもたちは中学2年生になっています。

この時、子どもたちから「原発で事故が起きたらどうなるの?」

と言う質問が出ました。

私は「放射能がまき散らされて大変なことになる。」という説明を

したことを覚えています。このとき、まさか1か月後に、本当に

原発事故がおきてしまうなどとは、私も子どもたちも

思ってもいませんでした。この子どもたちは、大きなショック

を受けていたと、後から担任の先生に聞きました。

今日の授業には、2年前の授業を受けたお子さんの

弟や妹に当たるお子さんが数人いました。家に帰ってから、

今日の授業の事がどのように語られのでしょうか。



① 教具一式を並べたところです。

フレセット 



② 水力発電の体験中です

水力 


③ 「火力発電と言うけど、火の力では発電機は回りません。」

と言って、チャッカマンの火で風力発電機をあぶっているところ

です。

火力で起きない 


④ 火力発電所を動かしているところです。

火力 

⑤ ウラン鉱石を発掘している写真を見せて、

「この段階から被曝が始まる」という説明をしているところです。

採掘現場 



⑥ 「放射線防護服」と言っても、ガンマー線は簡単に突き抜けて

しまうので、まったく防護は出来ないことを説明しているところです。

単に放射性物質が付着したほこりなどが体につかないためのものだ

と、説明し、これは使い捨てにすることもつけ加えました。

防護服 

※ 今回も子どもたちの素敵な顔をお見せできないのが残念です。