FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



和鉄鍛錬場

2012年8月17日(金) 和鉄鍛錬場始動



本日、和鉄鍛錬場に初めて火が入り、本格的な鍛冶仕事の

スタートを切りました。

==================

鞴は、ピストン部に松田刀匠がタヌキの毛皮を貼り、完成して

いました。私が修理した鞴がちゃんと風を送れるかどうか

心配でした。

015 タヌキ 



取っ手が垂直に取り付けてあるのですが 、これではやりにくい

ので、斜めになるように次回修正します。

088 鞴 



鍛冶場は、このようにすべて完成しました。

鞴→羽口→耐火ボード→火床→金床の一連のシステムは、

松田刀匠が息子さんと作っておいてくださいました。

017 完成 



今日の作業は、金床の移動からはじまりました。

実際に動線を検討すると、金床の位置を約30センチ火床寄りに

することと、高さを若干低くする必要がありました。

026 金床 


そこで、火床を掘り返し、移動作業をはじめました。力仕事は若者

頼りです。

027 移動 


「うん、これでよし。」と、刀匠からOKが出ました。

031 コレデヨシ 


次なる作業は、炭置き台と火床の溶接です。

これですべて作業が完了しました。

034 溶接 


いよいよ、炭を入れて鍛冶場が稼働しました。

046 フイゴOK 

鞴の調子も良く、火がよくおきます。

059 火床OK 


丸棒を叩いて万力を固定する四角のクギを使っています。

050 鍛冶屋 

何とか出来ました。

054 クギ 


もう一本を原さんが作ってくれました。さすが手慣れています。

072 原さん


この釘を二本作り万力を固定しました。

056 完成した釘 


これが本日の鍛錬場の全景です。

これほど立派な本格的な鍛錬場になるとは予想出来ませんでした。

090 全体 

次回の作業は8月24日(金)に行います。

道具造りと、切り出しナイフを作ってみます。


レストランマツダ 夏メニュー


冷やし中華と思いきや・・・・・・・・・・

076 冷やし 

実はソーメンでした。

080 ソーメン 

どうです、豪華な食卓でしょう。この料理は「ごちそうソーメン」

とか「五目ソーメン」と言うそうです。私は初めて食べました。

何杯もお代わりしてしまいました。

078 全体 

広島産の高級な竹輪です。刀の勉強会に来ているAさんからの

贈り物だそうです。これもおいしかった!

081 竹輪 

こういうデザートまで出るのですから、まさにレストランなのです。

ブルーベリーは門倉さんの畑で作ったものです。

082 デザート 

今日は猛暑でしたが、木陰のレストランで食事をしていると、

蝉の声が聞こえ、隣の家の鶏が鳴き、お寺の鐘が正午を告げます。

ああ、なんと人間的な時間が過ぎてゆくことか・・・・・・・・・・。

次回も楽しみです。

=============================

追伸

私は知人の通夜が入ったため、1時に帰りました。

星野さんと門倉さんは、その後鍛冶作業を行いました。

松田刀匠から写メが入りましたので、写真を追加しました。

星野さん 

カドチャン