FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



和鉄と日本刀

2012年5月1日(火)刀の勉強会始まる



2012年度の刀の勉強会が、昨日からスタートしました。

今年で6年目に入りました。

今会のテーマは「和鉄を通した日本刀の見方」でした。


本題に入る前に、こちらのお寺を紹介をしておきます。


110 寺門 

112 新築寺 

松田次泰刀匠宅は、この最福寺のすぐ下に位置しています。

立派な鐘楼が有り、時刻になると鐘の音が聞こえてきます。

116 鐘楼 

刀匠宅でこの鐘の音を聞くと、お坊さんが鐘を突いている姿が

目に浮かびます。

しかし、実際はこのように・・・・・・・・・・・・・・・

121 機械式 

自動鐘突きマシーンが突いているのです。


さて、本題に入ります。

164 花 

床の間には奥様の手により、きれいに花が活けられています。

この部屋で毎回勉強会が行われます。 

 

この日は、4本の刀が出されました。いずれも松田刀匠の作品です。

右端二本が平成8年の作品で、その左が3年前に作った短刀です。

左端が平成19年の作品です。

145 刀一覧横位置 


159 縦位置一覧 

今回は第一回目なので、初めて刀を手にしてみる方のために

刀の見方を刀匠が説明しています。

169 刀匠 


そして、ベテランのY氏に模範演技をしていただき、

170 武道家 


172 y模範演技 


その後で、参加者全員が見ます。
178 参加者 

作者名のある方が刀の表で、通常はこちらの面を上にしておきます。

156 表 

平成八年の作品です。

155 1号刀 


今回は「JCN関東」の取材が入りました。

6月に放映されます。

181 jcnカメラ 

お手製の黒板を使って、刀の歴史から、和鉄について、

美術品としての日本刀の意味、波紋、移り、沸(にえ)

などの説明がありました。

188 説明 

このような本からも資料を引用して、詳しく説明していただきました。

196 本紹介 

本来は、この講義の内容を紹介すべきなのでしょうが、とても力が

及びません。詳しい内容をお知りになりたい方は、ぜひ勉強会に

ご参加ください。

次回(5月27日)です。

旧川崎製鉄研究所所長だった大橋氏が、

「洋鉄から見た和鉄」(仮題)という内容の講義をしてくださります。


ブログの締めくくりはこちらです。

レストランマツダ


メインは旬のタケノコ料理です。

233n煮物 

234m 炒め物 

235sasimi.jpg 

236kyuuri.jpg 


玄米のタケノコご飯です。

237 玄米 

こちらは、白米のタケノコご飯です。

238 白米 

参加者のなかには独身男性もいらっしゃり、毎回楽しみにしている

とのことでした。

余談になりますが、このブログの常連の女性で、刀の事より、

レストランマツダのメニューを楽しみにしているかたがいらっしゃいます。