FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



包丁の柄の修理

2021年3月12日(金)包丁の柄の修理




先日、ご近所の方から、包丁の柄の修理を依頼されました。
しかし、鉄の部分が錆びで欠損しており、かろうじて残っている
部分の厚さは0.5ミリしかありませんでした。これでは、持ち手の
木の部分を交換しても、すぐに折れてしまうので、修理不能で
お断りしました。
数日後、この方から、別の包丁の研ぎを依頼されました。
その時、「あの包丁は、母から譲りうけたものなので、できれば
使いたい。」とおっしゃるので、引き受けることにしました。
今は、100円で包丁が買える時代ですが、このように大切にして
使いたいという方もいらっしゃいます。手間のかかる修理になる
ことは覚悟の上で、「よし、やろう!」と、気合を入れて作業に
かかりました。
①錆びた部分を切断。
②柄の部分の鉄を切り出す。
③ジグにセットして、アーク溶接。
④持ち手の木の部分の切り出し。
⑤柄の部分の面取り加工。
⑥刃を研いで完成。
本日完成して、お引き渡ししました。大変喜んでくださいました。

P3060049 込みがボロボロ状態

P3070024 (3)柄の切断万力

P3100041鉄の柄を切り出す。

P3100046 (2) 溶接ジグ

P3110061ブログ溶接完了

P3110062ブログ柄の切り出し

P3110064 (2)ブログ有次完成


P3120004 (3) 刃の部分アップ完成姿



柄の修理できず

2021年3月6日(土)包丁修理できず


ご近所の方から、包丁の柄の修理を依頼されました。

木の柄の部分は健全だったのですが、中の鉄の部分が錆びて

ボロボロになっていました。厚みが0.5ミリしかなく、指で曲がる

くらいになっていました。これでは、包丁の刃の部分を支える

ことができないため、修理を断念しました。

もし、どうしてもと言うなら、鉄の板を溶接して、木のカバーを

新しくして取り付けることになりますが、そこまでは時間が

かかりすぎて、修理代が高額になり引きあいません。

P3060047 (2) 包丁全体1

P3060045 (2) 柄の部分現状2

P3060049 鉄ボロボロ3





スリッパ再修理

2021年3月4日(木)スリッパの再修理


先日修理したスリッパの底は、2日でペロリとはがれてしまいました。

木工用多用途ボンドを使ったのが間違いでした。

今度は、多用途セメダインスーパーXを使い、皮を貼り、

バージョンアップしました。厚さ2mmの皮ですが、履き心地

が良くなりました。ちょっと背高くなった感じがするのが

不思議です。これであと2年は使えるでしょう。

P1050470スリッパ1

P1050471 スリッパ2

P1050472 スリッパ3

P1050476 スリッパ完成



もったいない

2021年2月28日(日)スリッパの修理


スリッパの底の布が破れました。

「買い替えればいいじゃない。」という声を聞き流して

修理作業を行いました。(もったいないので)

破れた布をはがし、新しい布を、木工ボンドで貼るだけなので

簡単にできました。底以外は全く健全な状態です。

これであと1年は履けるでしょう。

P2260001 スリッパその1


P2260002 スリッパその2

P2260004 スリッパその3



P2260005 スリッパ完成





スリッパの修理

2020年12月20日(日)スリッパの修理


日本の経済を回すためには、このように、つま先が開いてしまった

スリッパは買い替えるべきです。しかし、わが家の経済を回すた

めには、修理が必要です。木工ボンドを塗って圧着して出来上が

りです。これであと数年は使えます。


PC190021 口が開いたすりっぱ


PC190022 ブログボンド付けた

PC190023 ブログクリップオン

PC190032 ブログ修理完了