FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



100円の鋏を研ぐ

2018年8月14日(火)100円の鋏を研ぐ



刃先が鈍くなった鋏でも、紙は切れます。しかし、布は切れません。

この鋏は、100円のキッチン鋏ですが、母が庭いじりで、小枝を

切るのに使っていたもので、あちこち錆びがでていました。写真の

ように紙は切れますが、布はまったく切れません。サンダーで錆びを

落とし、刃物研ぎ用スロー回転グラインダーで研ぎました。(写真では

左手で保持していますが、実際は両手で保持しています。右手はカメラ

を持っているので、写っていません。)

よく切れるようになりました。今後とも研いで使えば一生ものになる

でしょう。ついでに、黒い鋏も研いでおきました。

P8140001 紙と布 

P8140002 錆びている 

P8140003 錆びとりました 

P8140004 スタート 

P8140005 途中 

P8140006 エンド 

P8140008 切れますよ 

P8140011 これも研ぎました 








包丁の修理

2018年8月8日(水)包丁の修理


今日依頼された包丁は、柄を付ける部分が錆びて半分以上無くなって

いました。全体の錆びをサンダーで落とし、いつものように水平回転

電動砥石と手研ぎを行いました。柄の部分には、アルミの板をはさみ

スペーサーにしました。2液性のエポキシで固めました。これで普通の

包丁によみがえりました。柄は三条梶道場で購入したものを使いました。

これは包丁修理になくてはならない物です。

P8080017 その1 

P8080019 その2 

P8080022 サンダー 

P8080024 エポキシ 

P8080025 完成


鋏を研ぐ

2018年7月27日(金)外国メーカーの鋏


今日依頼されたはさみは、ドイツ製とのことで、「gingher」という

銘がありました。二つの刃の角度がかなり異なっていて、初めて

出会った鋏でした。現状を生かして研ぎました。切れるようにな

りました。

P7270051 gingher 

P7270045 ばらした 

P7270048 完成 





100円の鋏を研ぐ

2018年7月25日(水)100円の鋏を研ぐ



昨日、彫刻刀の研ぎの講習を行いましたが、その準備中に工房の

隅から薄汚れた100円の鋏が出てきました。紙は切れますが、布は

まったく切れない状態でした。いつものように、刃物研ぎ用スロー

回転グラインダーで研ぎました。布もスカッと切れるようになりました。

学校や幼稚園などで、100円の鋏を数多く使っているかと思いますが、

切れなくなったら工房にご持参ください。無料でお研ぎいたします。

P7240055 グラインダー 


P7240052 切れ刃の状態 


P7240057 研ぎ完了切れるよ


彫刻刀を研ぐ

2018年7月24日(火)彫刻刀研ぎ講習会


今日は、彫刻刀の研ぎの講習会を行いました。昨日電話で依頼が

あり、たまたま今日は空いていたのでお受けしました。5年ほど

彫刻をやっているご婦人で、本格的に彫刻刀の研ぎを習いたいと

いうことでした。

そこで今日は、①刃物について(地金と鋼 刃物の種類 片刃と両刃)

②砥石の種類(荒砥 中砥 仕上砥 ダイヤモンド砥石 )

③ 切れる刃物と切れない刃物はどこが違うか

について30分ほどお話しした後で、研ぎの実習に入りました。

彫刻刀も刃物の一種類ですから、刃物について基本的なことを

知っておくことが重要だと思います。闇雲に研げばいいという

ものではありません。研ぐ前の状態で木を削り、研いだ後の

状態で木を削り、前より切れるようになったかどうかを確認して

実技を行いました。刃表の部分にマジツクを塗り、少し研いでみて

どの部分が砥石に当たっているかを確認しながら進めました。

研いだ刃物の刃先を、3倍のルーペで見て、切れ刃の状態をチェック

しました。ご本人は、だいぶ研ぎのイメージが膨らんだようです。

※ 当工房では、これに準じた、「包丁研ぎ講習会」も行っています。

P7240045 テーブル全体 

P7240058 セット高級品 

P7240059都議実習 

P7240060 試削りいた 

P7240069 都議官僚 

P7240070 電動