DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



畑に太陽光パネル

2017年6月7日(水)畑に太陽光パネル

今日は、千葉県匝瑳市飯塚にある、「市民エネルギーちば」の

東 光弘さんを訪ねました。川口の「自然エネルギーを考える

川口市民の会の」人達と一緒に、鳩ケ谷駅から車3台で向かいま

した。

「畑に太陽光パネルを設置したら、作物が育たない」と考えるの

が普通だと思います。現に私もそう思っていました。しかし、

東さんの「発電所&畑」では、作物を育てながら発電もして、

売電と農業の両方から利益を出しているのです。現場を見学

したら、「何だ、こういうことか!」と納得しました。驚くほど

単純な仕組みでした。それは、細長い形の太陽光パネルを畑の上に、

隙間を開けて並べているのです。太陽の光は、隙間から作物の

生育に十分なだけ降り注ぐことができるようになっているのです。

コロンブスの卵で、できたものを見れば単純と言えますが、

これを考えた人はスゴイと思いました。発案者は、

「ソーラーシェアリングのすすめ」の著者の長島 彬です。

長嶋さんの研究所では、様々な作物を育て、十分に収穫が

できることを証明し、各地に「ソーラーシェアリング」を

勧めています。東さんの「発電所&畑」はその一つです。

今日この発電所を見学して、ソーラー発電に関する知見を

大幅に拡大することができました。軽いショックを覚えて帰路に

つきました。これからもっと研究したいと思います。


img014 長嶋さん本

P6070047 看板 

P6070048 全体隙間見えない



P6070062 隙間あり説明中部分 


P6070111 隙間あり全体 


P6070079 ボックス1 


P6070081 銘板数字データー 


P6070205 パネルと蒔田さん 


P6070160 農家の人作物あり 


P6070158 スライド文字 





退職教員の会にて

2017年5月22日(月)退職教員の会にて

今日は、春日部の埼葛支部教育会館に行き、退職教員の会の皆

さんに、「発電の仕組みと原発事故」出前授業を行ってきました。

20代の時に一緒に活動した仲間が、みんな老人になっていました。

おっと、私も老人になっていた!
P5220051 会場全体 


P5220049 説明中クリアー 


P5220047 tuitazo



オンカロ

 2017年5月15日(月)オンカロ




夜の語り場オンカロ視察報告縮小した 

P5150024 田中さん

P5150025 オルキルオト原発 

P5150038 会場全体


今夜の「スパイダーネットやしお~」主催の田中慶一さんの

オンカロとオルキルオト原発視察のお話は、大変興味深いもの

がありました。オンカロの内部に入ることはセキュリティー

の問題でできなかったそうですが、入り口付近の写真は見る

ことができました。オンカロの構造は「10万年後の安全」という

DVDが出ているので、こちらを見れば理解できます。

田中さんのお話で一番印象に残ったことは以下のことです。

「ロシアから独立を勝ち取ったフィンランドの人達は、独立心

が強く、エネルギーを他国に頼ることなく自分たちで作りだす

ために原発を選んだ。」ということです。アメリカに従属

するために原発を導入した日本と根本的に異なっていました。

もう一つは、自分達の原発から出る死の灰(使用済み核燃料)を

自国で10万年間人間から隔離し保管するためにオンカロを造った

ことです。原発は「トイレ無きマンション」と言われますが、

フィンランドは地下400メートルにオンカロという原発のトイレ

を造り、使用済み燃料が放射線を出さなくなる10万年後まで

責任を負ったのです。実際問題として10万年後がどうなって

いるか誰にもわかりません。しかし、学ぶべきことは、そこま

で責任を持って原発をやることを決めたフィンランドの人達の

国民的合意形成の取り組みです。

田中さんのお話を聞いて、ますますオンカロに行きたくなりま

した。そして、現地の人から直接お話を聞きたいと思いました。

それだけでなく、私は福島の現実を直接お話したいという

気持ちが強くなってきました。





オンカロ

2017年5月3日(水)オンカロ

スパイダ―ネット事務局よりお知らせです。

田中慶一さんが、フィンランドの、オンカロと、オルキルオト

原発の視察報告をしてくれます。

参加自由なのでぜひお越しください。


夜の語り場オンカロ視察報告縮小した 


夜の語り場オンカロ視察報告40% この画像をクリックで大きく表示されます。



I特派員からの報告

2017年3月20日(月)友人のI特派員からの報告


.20 いのちを守れ! フクシマを忘れない

       さようなら原発全国集会

 

「さようなら原発」一千万署名市民の会 主催による標記の集会

が、代々木公園野外ステージで開催されました。

3連休の最終日、好天に恵まれて、日差しの下では上着も要らない

ほどの陽気になり、1万2千人のが集いました。

集会では、福島在住の方、福島からの避難している方、そして

被曝労働者の方からもスピーチがあり、それぞれの立場からの

現状報告や告発、連帯の訴えを通して、原発のない社会への決意

を高め合いました。

集会後、原宿方面と渋谷方面に分かれてデモ行進が行われ、連休

の繁華街に「原発いらない」「再稼働反対」の声が響きました。

 

福島第1原発の事故から6年が経ちましたが、その収束も廃炉も

まだ闇の中です。被曝労働者は増え続け、福島の子どもたちには

甲状腺ガンが次々見つかっています。避難指示対象の方々は

5万6千人。東芝は、原発事業のために経営破綻の危機に瀕し、

海外諸国は、相次いで原発から撤退を表明しています。

それなのに、この国では、20ミリシーベルトで避難解除、

補助金打ち切り、原発再稼働へ前のめりです。

政府と原子力ムラの利権集団は、福島から何も学ばず、何も反省

せず、そして誰も責任を取ろうとしていません!

 

震災を忘れるな! 福島を忘れるな!  原発はやめろ!

の声を上げ続けましょう!


20170320_1.jpg 




20170320_2.jpg 


20170320_3.jpg 


20170320_4.jpg 


20170320_6.jpg 


20170320_7.jpg 


20170320_8.jpg