DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



織り機

2012年1月2日(月)自作卓上織り機の改良



この卓上織り機は昨年5月に教材用として試作したものです。

003 自作 

製作時のコンセプトは、

・如何に安く上げるか

・出来るだけ簡単な工法を取り入れる

でした。今回妻に実際に使ってもらい、次の点を改良する

事にしました。

① クランプで固定する板を10センチ奥に移動する。

それにより織り機が机の端から10センチ手前になり

織りやすくなる。

② ソウコウのアップポジションの位置を15ミリ高くする。
(15ミリの木片を両面テープで貼り付け修正済み)
これにより杼道が広く開くようになる。

③ ストッパーの歯車が武骨すぎるので、材質と歯の

形状・数を再検討する。

④ フレームに糸巻き軸を取り付ける方法を変更し、

左側は軸が外に出ないようにする。

⑤ フレームの高さを全体に低くし、縦糸の高さを、机から

10センチにする。

⑥ フレームは合板をやめ無垢の木にする。 


※ ほぼこれで、教材用卓上織り機の定番になると思います。
 



織り姫の集い

2011年7月22日(金) 沖通り婦人部 機織り教室


集会所は近年建て直したので、外観も内部も奇麗です。

町会 



 
今日は地機の体験教室です。これが機織り機一式です。
こんな簡単な道具で織れるのが地機の良いところです。

045 おr機セット 


布を切って準備をしています。

044 準備中 


布を紐状につなげて切るにはこうやって切ります。

042 切り方 1 


043 切り方2 


ソコウウに縦糸を通しているところです。
053 整形中 

穴と隙間に、交互に通します。

054 アップ 


織っている様子です。みなさん真剣です。

067 織中 


完成しました。沖通り婦人部の織り姫様たちです。
076 集合 



地機レンタル

2011年7月10日(日)地機レンタル


当工房製の地機は1台3000円です。

高校の先生から授業で10台使いたいという申し出がありました。

買い取りとなると3万円の出費になるので、1台1000円でレンタル

することで話がまとまりました。

① 1台分のパーツです。
001 パーツ


② 1台分をまとめるとこうなります。
002 1台分 


③ 10台分の量はこうなります。
003 10台分

④ 箱に詰めた状態です。
004 箱 


※ M先生、明日学校に到着予定で発送しました。送料は1060円です。


織り機いろいろ

2011年7月3日(日) 織り機オンパレード


今日は、町会の婦人部の方が工房にお見えになり、機織りを

婦人部で行いたいとのことでした。

そこで、工房に有る織り機を全部出しました。

① 左がアシュフォード社の卓上織り機です。

右が私の試作1号機です。
006 二台 



② 試作品ですが、基本的に問題なく出来上がり、これを元に

量産体制に入ります。地機用に作ったレーザーカットの

ソウコウがここでも使えます。(一部改造)
007 試作の1 

販売予定価格は2万円ぐらいかなとみています。



③ 妻が夏用のストールを織っている途中です。

008 夏用 



④ こちらは地機で、何人もの人が練習で織った状態です。

012 地機 



⑤ こちらは「人間の歴史教材教具博物館」の館長の

飯嶋先生が10数台作った内の1台です。

小学生用の高機です。

これを大人用に拡大したものを作る予定です。

011 タカバタ 

7月22日には、町会の集会所で、織物教室を開きます。





試作織り機

2011年5月14日(土) 試作卓上織り機で織る
 


初めて試作品の卓上織り機に糸をかけ、織ってみました。

014 自分2 

基本的に問題なく織れました。

042 試作トップ 

微調整する点は、ソウコウを乗せる台でした。

044 試作1 


ソウコウをアップにした時の縦糸の上がりをもっと大きくする位置に
台を修正する点です。簡単にできます。

043 試作2 

これを基本に卓上織り機の完成形を作ります。