DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



治安維持法

2017年6月14日(木)



今日は何の日

深夜に国会が開かれ、本日早朝

「治安維持法」と同じ法案が強

行採決されて可決された日。

その手口は、戦前の治安維持法

の成立とまったく同じ。



治安維持法新聞


火起こし器の火切り臼を作る

2017年5月13日(土)火起こし器の火切り臼を作る



昨日から今日にかけて、子ども達から大人気の火起こし器に使う

火切り臼」を100本作りました。

P5130022 火起こし器 


P5130033 完成した火切臼90本 

「火切り臼」というのは、このように火種を作るパーツ

なのです。V字の切込みと円の大きさと位置関係が

非常に大事なのです。

P5130021 テスト火種できた 


製作の工程はこのような4段階になります。

P5130029 臼製作工程見本 


V字の切込みは、専用の治具を使ってバンドソーで切ります。

P5130004 カット1番目 

P5130008 カット2番目 

丸い溝はボール盤で作ります。

P5130027 ボール盤作業中 


V字の切込みを作る治具はこのようになっています。

裏側には滑りを良くするために敷居滑りを貼り付けて

あります。


P5130034 臼製作治具表 

P5130036 裏側 

この火起こし器の実演は「人間の歴史の授業を創る会」のHP


のこちらからご覧になれます。


http://zyugyo-to-kodomo.net/minimovie.html


私は学生時代から「人間の歴史の授業を創る会」に参加しており

現在は事務局を担当しています。このホームページは教員以外の

方が見ても面白い内容がたくさんありますので、お時間があるとき

にご覧いただければ幸いです。








2017年2月2日(木)旧潮止揚水機場の解体状況報告




2月2日(木)午前10時現在の写真をアップしました。

今日は、旧潮止揚水機場の保存運動を行ってきた人たちが現場に

集まりました。この様子を東武読売の記者が取材していました。

近いうちに記事が掲載される予定です。

P2020593 登りの文字見える 


P2020606 多数参加


市役所の方も来ていたので、今後の事を聞いてみました。

まずポンプは取り外さず現状のままの位置に残すそうです。

モーターは敷地内の別の場所に展示するとのことです。.

...

この現場の作業は、コンクリートの構造物を残し、敷地内を

整地し、周囲にバリケードを施して完了するそうです。

私の予想では、1週間以内に工事は終わるのではないかと思います。

その後どうするかと言うことは、4月以降具体的に検討するようです。

現在の段階では、「メモリアルパーク」にして、この場所がどの

ようなものだったかがわかるようにするとのことです。

保存運動のリーダーの方が、八潮市の小学校で使われている社会科の

副読本を紹介し、この揚水機場が大切なものとして取り上げられて

いると説明していました。


P2020666 副読本表紙 


P2020668 副読本中身揚水 


P2020670 村長の記事 

P2020573 全体整地状況 





2017年1月8日(日)つぶれたキャスター


8年ほど動かさなかったゴム製のキャスターは、設置していた部分

がつぶれてしまいましたので、交換しました。

これから工房のキャスターはすべて、このタイプにします。

台座も広い物に交換して安定を良くしました。

この間は、工房のこまごました物の改良を行っています。

P1050042 古い奴 


P1050045 つぶれた 


P1050053 白いキャスター


P1050054 完成 



電気カーペット分解

2017年1月4日(水)電気カーペット分解


電気カーペットを捨てるために布の部分とヒーターの部分を分解

しました。初めてだったので、面白かったです。

ヒーターよりも布の部分の方がお金がかかっているのではないかと

思いました。

PC280001 その1 


PC280002 その2 


PC280003 その3 


PC280005 その4