DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



美知子の手織り

2017年6月26日(月)アンサンブル

6月14日のブログに出したチュニックと同じ生地で、

アンサンブル・セットを作りました。

① こちらはブラウスです。


P6260003 その1 


② こちらはセットコーディとしての上着です。


P6260004 その2 


③ 真ん中に留め具をつけました。



P6260005 胸元 


④ デザインは前を短く、後ろを長めに作っています。

P6260008 横から 


⑤ 後姿はこうなります。

P6260011 後ろから 


⑥ 両方を組み合わせてアンサンブル・セットになります。


P6260010 アンサンブル




小タタラ操業

2017年6月25日(日)松田刀匠宅で小タタラ操業

今日は、松田次泰刀匠宅で、小タタラの操業が行われました。

東京工業大学の学生さんと先生方と、元「NPO法人こどもタタラ」

の人達のコラボでした。タタラ(踏鞴)というのは、砂鉄と炭を

使った日本古来の製鉄炉のことです。この炉で作った鉄は「和鉄」

と言い、日本刀はこの鉄を使って作られています。耐火煉瓦を積ん

だこの炉は、鉄づくりの体験用にいろいろな改良がくわえられ、

あちこちで使われています。今回も操業は無事に終了し、ケラと

呼ばれる鉄の塊ができました。

タタラと並行して、鍛冶の実習も行われました。松田刀匠が和鉄

を使って作った10本の材料で、学生さんたちが、ナイフづくりに

励みました。私はそのお手伝いをしてきました。

最後は恒例の夕食会で、参加者全員がテーブルを囲み、奥様の

手料理を堪能しました。

P6250016 蹈鞴炉 


P6250050 ノロだし 


P6250051 ノロアップ 


P6250077 松田説明 


P6250085 松田叩く 


P6250106  生徒1 


P6250107 生徒2 




P6250109 煉瓦外し 


P6250112 全景 


P6250129 ケラ出し 


P6250134 ケラアップ 


P6250146 水鋼 

P6250181 ケラ叩き 


P6250196 計量 

レストラン マツダ

P6250197 盛り合わせ 


P6250198 チャーハン 

P6250199 かぼちゃ 

P6250200 キューリ 


P6250201 ニンニク  

P6250202 玄米 

P6250216 コーン 

P6250218 手ば 

P6250205 全員集う 











「楽の蔵」下見

2017年6月24日(土)「楽の蔵」下見

今日は、秋の展示会の会場の下見に行ってきました。

北越谷駅から徒歩7分の「楽の蔵」というギャラリー(2階)

&レストラン(1階)です。古民家を移築した落ち着いた雰囲気の

小じんまりとした空間が気に入りました。ここで、10月6日(金)

~10月9日(火)まで、「手織りと木工のコラボ展」を行うことに

しました。

今日はギャラリーで「夏のアクセサリー展」が行われていました。

4人の若い女性の作家さんが出品していました。丁寧な仕事をして

いる良い作品がたくさんありました。妻は、ここで気に入った

イヤリングを見つけ、購入しました。

レストランは、創作フレンチ料理を提供しています。

ランチ2500円でシェフが工夫を凝らした料理を出してくれま

した。久しぶりにおいしい料理を堪能しました。

P6240010 看板 


P6240009 全景 


P6240014 メニュー 


P6240015 アクセサリー看板 


P6240001 展示1 


P6240002 展示2 


P6240004 展示3 

P6240005 展示④ 

P6240007 二階階段 

※ 「楽の蔵」さんのHPはこちらです。

http://rakunokura.com/



初めてのペンづくり

2017年6月23日(金)初めてのペンづくり


 今日は足立区からお見えのOさんが、初めてペンづくりにチャ

レンジしました。昨年の12月に、草加のマルイに「匠ショップ」

として出店した時にお会いした方です。ようやく休みが取れたの

で、先日予約をされて本日10時から1時まで製作をしました。継続

してペンづくりを行いたいとの事なので、ペンの世界の全体像をお

話して、今後の大まかなプログラムも確認しました。ペンは2本

とも素晴らしい出来です。材は左が山桃で、右はゼブラウッドです。

これからどんなペンができてくるか楽しみです。


P6230003 製作中 



P6230006 組立 


P6230010 新作2本 





第47回八潮市母親大会

2017年6月22日(木)母親大会


第47回八潮市母親大会のお知らせです。

どなたでも参加できます。

img024 八潮市母親大会



時計を作る

2017年6月21日(水)時計を作る


この時計は、次回のJWAの講習会で作る時計の見本です。

「夢工房」のY氏が作りました。

なかなかいい雰囲気に仕上がっています。


P6210018 時計表 


P6210019 時計裏 




槍鉋を作る

2017年6月19日(月)鍛冶道場で槍鉋を作る



16日の今井さんの鑿工場の後は、17日・18日の二日間で、槍鉋を

作りました。これまでの10年間ほどで、鍛冶道場で作った物は、

切出しナイフ、包丁、鉈、鑿、台鉋などです。今回は、初めて

槍鉋に挑戦しました。槍鉋は7世紀の古墳から出土していますが、

材の削り跡から槍鉋が使われていたと推定できるのは、弥生時代

までさかのぼることができるようです。

製作工程

① 鍛冶道場に展示してある田斎さんの槍鉋をモデルにして、

木型を作り、これをもとにして製作した。

P6170162 木型と比較表側


P6170163 反り具合比較木型 


P6170166 田斎さんの木型裏 




② 鋼はヤスキの白紙2号、地金は極軟鋼 

P6170184 木型 白紙2号 地金 




③ 地金に鋼を鍛接する 

P6170188 作業風景 

P6170198 赤める 

P6170203 叩く

P6170199 鍛接完了


④ 鍛造して形を作る 

P6170224 鍛造中赤い形あり 



⑤ コミの部分をスプリングハンマーで長くたたきのばす 

P6170241 スプリングハンマーで込を伸ばす 


⑥ グラインダー・ヤスリを使って整形 

P6170249 ヤスリが家終了 

P6170252 橇の具合 


⑦ 焼き入れ・焼き戻しをする 

P6180315 トノコ塗り 

P6180323 焼き入れ完了 


⑧ 研ぐ 

P6180328 研ぎ


P6180331 裏側 



⑨ 展示してある田斎さんの槍鉋と並べて比較する


P6180338 完成品比較 

P6180339 全体比較 


 当たり前ではあるが雲泥の差が出ている 私の力量では

ここまでが限界であることを知る。これから研ぎを重ねて、

 柄を入れて、実際に使用して研究をしていくことにする。 

 


鍛冶道場

2017年6月18日(日)燕三条鍛冶道場

16日から今日まで、新潟県の三条市にある「鍛冶道場」に行って

いました。16日は、中級コースの仲間10名で、今井さんの鑿工場を

見学しました。私が一番勉強になったのは、「コミ」という部分の

作り方です。コミというのは、木の柄に入る部分です。2年前に私が

鍛冶道場で鑿を作った時は、作り方がわからず、太くして置いた

材料を全部グラインダーで削り出しました。今井さんのやり方は

先の細い鎚で叩いて柄と接する部分を太くしているのです。

このやり方と、鑿の製作工程を写真に撮ってきました。


P6160009 今井さん 


P6160106 コミ 


P6160083 コメ2 


P6160080 コミ3 


P6160151 コミ完成 


P6160138製作工程サンプル 


P6160141 完成1本




治安維持法

2017年6月14日(木)



今日は何の日

深夜に国会が開かれ、本日早朝

「治安維持法」と同じ法案が強

行採決されて可決された日。

その手口は、戦前の治安維持法

の成立とまったく同じ。



治安維持法新聞


裁断機の刃を研磨

2017年6月14日(木)裁断機の刃を研磨

八潮市内のFさんから、裁断機の刃の研磨を頼まれました。

刃が外せないので、作業台にクランプで固定して、ダイヤモンド

ヤスリで研磨しました。ヤスリを当てると刃の真ん中がへこんで

いるので、両側が研磨されます。カンナの刃の裏スキの原理で、

研ぐ面積を減らして、研ぎやすくなっています。研ぎ終了後、

コピー用紙15枚重ねで試し切りをしました。良く切れるように

なりました。

P6150002 裁断機 


P6150006 固定 


P6150003 ダイヤモンド 


P6150004 研磨 


P6150008 テストカット